【コラム】梅雨の時期に快適なスーツ選びとケア方法:プロからのアドバイス

梅雨の時期に快適なスーツ選びとケア方法:プロからのアドバイス

梅雨に適したスーツの色と素材の選び方

梅雨の時期には、濃い色のスーツがおすすめです。ブラックやネイビーのスーツは、雨による汚れやシミが目立ちにくく、清潔感を保てます。また、通気性が良く、速乾性のある素材を選ぶことが大切です。特に、ポリエステルや撥水加工されたウールが適しています。これらの素材は湿気が多い日でも快適に過ごせる特徴があります。

  • ポリエステル:速乾性と通気性に優れ、シワになりにくい。家庭での洗濯が可能で、お手入れも簡単です。
  • 撥水ウール:高級感がありながらも撥水性が高く、雨の日でも安心して着用できます。
  • リネン混紡:非常に通気性が良く、夏場でも涼しく過ごせますが、シワになりやすい点には注意が必要です。

防水対策のポイント

雨からスーツを守るために、防水スプレーを活用しましょう。防水スプレーをスーツに適用することで、雨水を弾き、素材の劣化を防ぐことができます。定期的なスプレーの使用を心がけると良いでしょう。

濡れてしまったスーツの手入れ方法

スーツが濡れてしまった場合は、以下の手順で手入れを行います:

  1. 水滴を拭き取る:乾いたタオルでスーツの表面の水滴を優しく拭き取ります。
  2. 自然乾燥:風通しの良い場所でスーツを陰干しし、直射日光や高温での乾燥は避けます。
  3. 除湿対策:クローゼットに除湿剤を置き、湿気対策を行います。

濡れたスーツを放置するとシワや型崩れ、臭い・カビが発生する可能性があるため、適切なケアが必要です。

梅雨時期におすすめのスーツスタイル

梅雨の時期には、機能性だけでなくスタイルも大切です。以下のスタイルを参考にしてみてください:

  • トラッドスタイル:シンプルで機能的なデザインのスーツ。濃い色のスーツを選び、アクセサリーや靴で個性を出すと良いでしょう。
  • カジュアルビジネス:動きやすく快適で、ビジネスシーンでも通用するデザイン。ウォッシャブル素材のスーツを選ぶと、家庭での手入れが簡単です。

雨の日のコーディネートポイント

雨の日には、濃い色を基調としつつ、アクセントとして明るい色を取り入れることで、全体の印象を軽やかにすることができます。以下の組み合わせがおすすめです:

  • 紺色・ネイビー系×ベージュ:日本人の肌色に合わせやすく、落ち着いた印象を与えます。紺色のボトムスとベージュのジャケットの組み合わせが軽やかさを出し、梅雨の時期でも爽やかな印象を与えます。
  • グレー系×ホワイト:濃いグレーとホワイトの組み合わせは定番で、清潔感とスタイリッシュさを兼ね備えています。ストライプやチェック柄のスーツを選ぶと、オシャレな印象を与えられます。
  • ブラック・ブラウン系×ベージュ:汚れが目立ちにくく、落ち着いた大人の雰囲気を演出します。黒や濃い茶色のボトムスとベージュのトップスの組み合わせが実用的で、社会人におすすめのコーディネートです。

雨の日に避けるべきコーディネート

雨の日には避けるべき色や素材もあります。以下のポイントに注意してください:

  • 薄い色のスーツ:白やライトグレーは雨に濡れるとシミが目立ちやすいため避けましょう。
  • デニム素材:新しいデニムは色落ちする可能性があるため、雨の日には避けた方が良いです。
  • 本革製品:湿気に弱く、水に濡れると色落ちや型崩れが起こるため、本革の靴やバッグは避けましょう。

まとめ

梅雨の時期に快適に過ごすためには、適切なスーツ選びとケアが重要です。濃い色のスーツや撥水性のある素材を選び、防水スプレーを活用することで、雨の日でも快適に過ごせます。また、適切な手入れを行うことでスーツの劣化を防ぎ、長く愛用することができます。

オンラインストアについてのお問い合わせは下記までご連絡お願いします。

 

 - EDWARD'S Online Store:https://edwards63.com
 - X(旧Twitter):https://twitter.com/edwards19631
 - Instagram:https://www.instagram.com/edwards_1963/
 - Facebook:https://www.facebook.com/officialEDWARDS

EDWARD'Sのすゝめ