【コラム】エグゼクティブ必見!取締役が知るべきオーダースーツの活用法

競争を勝ち抜き取締役に昇進した後の景色

高層ビルのオフィスで働くビジネスマン、遠くを見つめる姿

取締役にまで上り詰めると、それまで見えなかった新たな景色が見えてきます。処理する情報量が格段に増え、責任も重くのしかかります。給与や報酬が増えても、それ以上のペースで職責も増えることは少なくありません。取締役ともなると、さらにその責任は重くなります。新人時代を懐かしく思うこともあるでしょう。しかし、その責任から逃げるわけにはいきません。

取締役の役割と責任

会議室でプレゼンテーションをしている取締役、チームと話し合うシーン

取締役に昇進すると、あなたは多くの部下を抱え、取引先との関係も重要なポイントとなります。経営者としての目標が手の届くところに来ているかもしれません。取締役の責務を果たすためには、オーダースーツをうまく活用することが非常に有効です。服装はあなたの地位や意志をアピールする重要なツールだからです。

オーダースーツのビジネス活用法

フィッティング中のビジネスマン、オーダースーツの測定を受けるシーン

まず、オーダースーツの一般的なビジネスメリットを確認してみましょう。

サイズが体型にフィットする

オーダースーツの最大の特徴は、何と言っても体型にピッタリと合うことです。特にフルオーダースーツの場合、お客様の体形にフィットさせるためにゼロからスーツ型紙を作成します。既製スーツは量産されるため、全ての寸法がぴったり合うことはまずありません。オーダースーツは「身体にスーツを合わせる」ため、完璧なフィット感を得られます。

コストパフォーマンス

上級職ともなると、スーツは一着だけでは足りません。多くの人から注目される立場であり、少なくとも数着のスーツのローテーションが必要です。オーダースーツは長持ちするため、結果的にコストパフォーマンスが高い選択となります。体型にフィットしているため、スーツにかかる負担が少なく、長持ちします。

こだわりと唯一性

オーダースーツのディテール

取締役になるほどの成功者は、細部にまでこだわる人が多いです。オーダースーツは、デザインや生地・ディテールを選ぶことで、唯一無二のスーツが出来上がります。自分だけのスーツを手に入れることで、ビジネスシーンでもプライベートでも一目置かれる存在になれるでしょう。

取締役ならではのオーダースーツ活用法

重要な会議で発言する取締役、決定的な瞬間を捉えたシーン

取締役とは、会社の業務執行に関する意思決定を行う役員です。その代表が代表取締役で、会社を対外的に代表する立場にあります。取締役就任のタイミングでオーダースーツを仕立てることは、自分が「会社の顔」としての自覚を持つための重要なステップです。

会社の方向性を示す服装

取締役の服装は、会社が進むべき方向性を表すものです。例えば、ITベンチャー企業のCEOと老舗団子屋のCEOが同じ服装をすることは考えにくいです。あなたの業界にふさわしい装いをすることで、信頼感を醸成することができます。

次に進みたいステージにふさわしいスーツ

取締役から次のステージである代表取締役、つまり社長を目指すなら、そのステージにふさわしいスーツを選ぶことが重要です。オーダースーツを通じて、自分の目指す地位にふさわしい服装を整えましょう。

さいごに

オーダースーツは、取締役としての責任を果たすための強力なツールです。自分の地位や意志をアピールするために、ぜひオーダースーツを活用してください。

オンラインストアについてのお問い合わせは下記までご連絡お願いします。

 

 - EDWARD'S Online Store:https://edwards63.com
 - X(旧Twitter):https://twitter.com/edwards19631
 - Instagram:https://www.instagram.com/edwards_1963/
 - Facebook:https://www.facebook.com/officialEDWARDS

EDWARD'Sのすゝめ